手提げへの印刷

手提げ袋の印刷の歴史

最近では紙袋やビニール袋、透明のOPP袋といった本来物を中に入れるためのものに可愛らしい印刷を施したり、斬新なデザインを付け加えることによってショップや品物の個性を高めるようになってきています。とくに観光地のお土産店や有名ブランドには欠かせないものです。これらの袋を専門に扱う業者が存在する訳ですが、元々は紙袋のみを扱っていたり、工業用の重袋を生産していた会社が時代の流れに合わせて手提げ袋の印刷に参入してきたようです。昔は紙製の手提げ袋しかありませんでしたが、高度経済成長を期に石油製品が生産されるようになってビニール製の手提げ袋も大量に作られるようになりました。近年は特に高い技術の印刷を一般人でもできるようになってきたため、手提げ袋の印刷も多種多様化を極めているのです。

これからはどのようなニーズがでてくるのか

しかしながら今後の動向は必ずしもこのまま手提げ袋の印刷物が増えていくということにはならないようです。というのも、大量生産が行われる一方ですぐに使い捨てられる薄いビニール製や紙製の手提げ袋は環境問題に配慮していないとみなされるようになっているのです。実際に一般的なスーパーマーケットでも手提げ袋の持参を推奨してこれまで無料で配布していた袋を有料化するところも増えています。一方で何度も使えるエコバッグのような軽くて薄くて強い手提げ袋のニーズは高まってきています。これからはそのような素材に印刷を施して個性を発揮したり、商品価値を高めるという方向に業界は動いていくでしょう。印刷技術も、より様々な素材に綺麗に印刷できるものが好まれるようになるでしょう。